キャリアアップ最前線!顧客接点をもつ仕事が自分を磨く

 女性が活躍できる社会づくりが進む中で、時短勤務の子育てママであっても顧客接点をもつ業務への転換が進んでいます。みなさんの周りではいかがでしょうか?

 営業職だと定時に帰れない、と思い込んではいないでしょうか?最近は会社貸与のタブレットやスマホが多くなり、通勤時間にメールを確認して、急ぐものは自分で対応します。
場合によっては、自分を補佐してくれる社員に依頼することもできます。

時短勤務社員がいることで、むしろ新しい仕事のスタイルができつつあるのです!しかも、顧客接点をもつ仕事を担当することにより、自社製品、サービスに対するお客様の声をストレートに肌で感じることができます。これにより、報告書1つとっても深く顧客を知る感性や会話から無意識ゾーンにアプローチすることができます。

これは女性の持っている「脳力」によるものが良い働きをしているのです。子育てをしているママは、子どもの顔色、食欲などを観察しながら、問題が潜在化していないかを毎日確認しています。相手への観察を習慣化できる「脳力」だといえます。

桜が咲く季節がやってきました。日頃からお客様との接点をもって仕事をしている、サービスフロントの皆様は、この相手への観察を習慣化できる「脳力」を100%で発揮しましょう。そして、そこからわかる「まだ、お客様が言葉にしていない、気づいていない課題・問題」にアプローチする問題解決力を高めましょう。

ところで、問題解決力を高めるためには、どのような鍛錬が必要なのでしょうか?
答えは「想像力×創造力」です。「こうしたら解決できるという想像×どうしたら想像を形にできるだろうか」という方程式です。ヒラメキ、アイデア、きらりと光るセンス、なんでもよいのです。楽しくお客様と共に問題解決できる能力が欲しいのです。

サービスフロントは「サービスをお渡しする役」です。
次は「サービスをお創りする役」になることを目指すのも楽しいキャリアアップですね。

春はアイデアをいっぱいにして、お客様にとって「うれしい空気」をつくりだしましょう。

東京(4月20日)・大阪(5月22日)2つの会場で開催いたします。
       新たにCS推進担当になられた方へおススメの講座です。

CS推進のための基本講座
  (CS推進担当者初任者研修)

http://www.cs-kentei.jp/20180420.html

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です