CSを経営戦略と位置付けることが企業経営の明暗を分ける

  築地の某立ち食い寿司で遅めのランチをいただきました。6月1日から営業再開したとのことです。板前さんはマスクにフェイスシールドを着け、カウンターには仕切りのビニール。風情は変わりましたが、忙しい時の立ち食い寿司はビジネ […]

ユニクロ動向に注目!CS実践による実績貢献

 いよいよユニクロが「夏用エアリズムマスク」の製造販売に踏み切りました。4月の決算報告発表会では、「服を売るのが本業で、マスクの製造は考えていない」と否定していたのですが・・・・。  顧客からの「マスクを作ってほしい」と […]

プレゼン力を磨け!CS担当者のための『石川塾』第2回

 さて、第2回のテーマは「当たり前の視点を切り捨てる」です。  「お喜びの声」「お褒めの言葉」「ご不満のお声」というように、お客様の「生声」を「お客様の声」として扱っている企業が多いこと だと思います。一般的な考え方です […]

CS目線で「今、できること」を考える

 ドイツが医療崩壊していないというのは本当に凄い事実ですね。 このところ、よく報道番組でも取り上げられていますが、準備の時期、施策が違う、というのが実感でしょうか。  目玉になる施策は、軽症の感染者が自宅療養を安心して受 […]

AIと心配りの協働!シャープの取り組みに注目!

 シャープがマスク生産を開始したそうです。3月末には政府への納品を優先的に行うとのこと。1日50万枚の生産はまさに神対応!  大手電機メーカーの対応の速さに驚くばかりです。ビジネスチャンスですから「できればしたい」と思っ […]

カスハラ?日本流お詫び姿勢に疑問あり

 安倍晋三首相は「奮闘していただいているマスク取り扱い小売店の従業員や流通製造関係者の皆さま方に、内閣総理大臣として感謝の意を申し上げたい」と発言したようですね。これは従業員がカスハラに疲弊していることへの謝意だそうです […]

地方新聞の大改革!Journalism as a Service日本版の出現

 NHKクローズアップ現代を見ていたら、思わぬ言葉に出くわしました。 「Journalism as a Service」という言葉です。  直訳すれば、サービスとしてのジャーナリズムということです。 学術的には、情報メデ […]

緊急時に問われるホスピタリティの質

 新型コロナウィルス感染症は「正しい怖がり方をしましょう」と広報されても、治癒薬が明らかではないので、不安が募るばかりですね。だからこそ、問われるのが企業のホスピタリティです。  銀座にある中国人観光客が押し寄せることで […]

顧客価値のデザインがブランドを磨く

あるwebニュースで、良品計画社の決算が下方修正になると書かれていました。そうなのか…と思いながらも、この会社にとってはチャンス到来なのでは?と思うところです。  下方修正になった理由は中国での減益だそうです。ならば、国 […]

「使い勝手の良い異日常空間」サービスをCS・ES起点で考える

ロイヤルホストが3年連続で元旦休業、大晦日営業時間短縮に成功したとの記事が東洋経済on-lineに掲載されていました。 『成功』というのはお客様からの苦情がないことだけではなく、「ロイヤルホスト」が仕掛けるサービスの本質 […]