本文へスキップ

CSスペシャリスト検定はCSを理論的に体系化し、CS理論とCS実践技術の修得度を測定できる 日本で唯一の民間資格検定です。

TEL. 03-6411-2184

kentei@cs-kentei.jp

CS調査・CS設計CS調査・CS設計

満足度調査(CS調査)

ご要望にお応えしていよいよ受託開始!
  CSスペシャリスト検定協会のお客さま目線モニタリング調査

徹底したお客さま目線調査です!

2016年4月から既に3000件以上のご依頼をいただきました。

【特長】
 オーダー企業の要望に合わせて、「お客さま」設定を自由自在に設定できます。
 例)支店の電話応対が営業に貢献できるレベルなのかを分析して欲しい
   調査のねらい:丁寧さだけではなく、お役に立つことを考えた対応の実現度
   御社の○○部長に・・・・の資料をFaxで送るようにとご指示をいただき、 今、お送りしたのですが、届いておりますでしょうか?(実際には届いていない)
 (想定する応対)まだ、届いていないようなので、もう一度送って欲しいと述べるのみ。
 (期待する応対)もう一度お送りいただき、自分が責任をもって対応すると申し出る。

<分析観点>
@礼節、マナー
Aリレーションを構築する会話
Bお話を聞かせていただくスキル
C問題解決の内容と提示方法 
D今後もコンタクトをとりたいと思わせる決め手

<調査方法>
@ 電話応対 (ミステリーコール/実音源)
A 店舗・窓口応対調査 (ミステリーショッパー/ビデオ評価)
<結果報告>
    
<費用>  調査内容・調査方法、調査数によって異なりますので、一度、ご相談ください。                                           
メールで相談する 

お客さま応対モニタリング調査  

  特別キャンペーン

  期間 2017年1月〜3月末(3月末までに調査終了)

料金:108,000円(税込)※通常料金は150,000円(税込)

内容: @電話による調査 12本〜15本+報告書
         ※ミステリーコールまたは実音源を使用 
         A対面による調査 例)窓口調査 5か所
                                ※調査の内容によって調査数が異なります。ご相談ください。

CS設計 (アドバイス/コンサルティング)

満足度調査をするにしても、CS向上運動をするにしても、仮説=CS設計をしなければ、 結果を評価することができません。
弊会では、単に「良い電話応対でした」「ここを改善しましょう」という分析報告ではなく、 「〜を改善することによって、〜が実現でき、〜という成果を創り出すことができます」という問題解決型の報告書をご提出いたします。まずは、貴社のCS設計からチェックなさいませんか?そのうえで、調査結果から抽出した課題を施策評価のプロセスKPIにし、PDCAの質を高くするチャレンジをしましょう。

人手不足でも満足度が高い!選ばれるサービスの仕組みづくりの考え方



●CS調査後に図のCS設計を承ります。満足度は高い、低い、という簡単な言い方で考えることはできません。ブランドと顧客をどのようにつないでいくのか という設計が必要です。
どうぞ、おまかせください。
まずは、ご相談を。代表理事石川かおるが、みなさまの会社のサービス設計をご担当いたします。

石川かおる 実績プロフィール

お客さま応対品質評価&フィードバック代行サービス

お客さまとの応対を品質評価し、フィードバック内容を個別に音声や動画で作成するサービスです。品質管理の担当者が忙しくて、おざなりになっている業務を代行します。「重たい業務」と言われている品質評価とフィードバックを外部に委託することで、現場業務の労働力を増強することができます。ご要望をいただければ、フィードバックのサンプル音声をお聞きいただくこともできます。
詳しくは、検定事務局にご相談ください。
<実施方法 例:コールセンター>
@ 一人当たり2音源をご用意いただき、総合的評価し、1シートにまとめます。
A 音源の受け渡しは貴社のルールに従います。貴社に伺って、業務をすることもできます。
B フィードバックは動画もしくは音声をお選びいただけます。
C 費用は1名あたり 8,000円〜12,000円 ※応対内容によって異なります。


                        事務局に問い合わせる