ハートフルアウェアネス・気づき力を育む研修

 「気づきは個人のセンスだから、どうにもならない」と思ってはいないでしょうか?だとすれば、どのような教育研修を実施したとしても、その成果には限りがあるということになります。本当に「気づき」力を高める教育方法を発見することはできないのでしょうか?
ips細胞を発見した山中教授は、「ipsを発見したことに意義があるのではなく、医療に応用することが目的であり、そのためには多くの研究者がips細胞培養技術を習得することが必要だ。研究所内で研究者への無料講習を行うことは当然である」とテレビ番組でコメントしていました。教育研修業界も「気づき」を育成する方法を発見し、お客様の満足度を高めるために活用することを目的とした、教育技術を企業の皆様に提供する時期を迎えているのではないでしょうか。

この大きな課題に80%以上の改善成果をもたらすことを目指した教育カリキュラムを完成しました!

「気づき」を理論と体現スキルで体得する
「ハートフルアウェアネス・気づき力を育む研修」です。
顧客体験をストーリー化するという手法を用いて、ストーリーに合致しないイレギュラーを発見するトレーニング方法です。顧客の「言葉にしていないニーズ」に「気づく」力を育成します。研修時間の9割をストーリー化ワークショップで行う、わくわくトレーニング研修です。

既に9月1日より検定をご受験くださっている企業様を対象にご案内を開始しましたが、想像以上の大反響をいただきました。「気づき」は育成できることを皆さんと共に体感したいと願い、CSマネジメントセミナーを開催いたします

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です